猫とエッセンシャルオイル

なつ

前回の記事のコメントで、旧ブログからお世話になっているブロ友さんから、

エッセンシャルオイルについての、貴重なコメントを頂きました!

猫に有害な植物については良く調べていたので、バラは無害と知り、

その後、バラ以外の植物を育てることを極力控え、

お部屋には自分で育てたバラ以外、飾る事も止めています。

しかし、精油については、全く考えておりませんでした!!

今日は、猫とエッセンシャルオイルについて、少しお話ししようと思います。


エッセンシャルオイル(精油)は、植物から抽出した、大変濃度の濃い液体です。

なので自然界には存在しない、人工的な物だという事が、今回の調べで良く分かりました。

私は天然の物だと思って安心をしていたんです!知らないというのは恐ろしい事ですね。

一番有害と知られているのは、ティートゥリー。

これが配合されたシャンプーで、死亡例があったようです。

ここでお話ししておきたいのは、わんちゃんと、ねこちゃんは、違う!ということ。

猫は植物に含まれる有害物質を、分解できない身体なのです!!

ティートゥリー以外にも、有害成分が多く含まれるとされる物を、以下にご紹介します。

● リモネン・・・グレープフルーツ、オレンジスイート、ブラックペッパー、レモン、ベルガモット
● ピネン・・・パイン、フランキンセンス、サイプレス、ユーカリ、ジェニパーベリー
● フェノール類・・・シナモン・リーフ、タイムホワイト、ミルラ、パチュリー、クローブバット
● ケトン類・・・ローズマリー(ケトンタイプ)、ペパーミント

最近買って肌に合い、お気に入りになった私のボディーシャンプーとハンドソープにも、

配合された精油の中に、ユーカリ、ラベンダー、オレンジの精油が含まれておりました。

ヘアケア商品には、無害なローズオイルなどが入っており、有害な物は無くホッと致しましたが、

追加で買おうとしていた同じシリーズのへアミストには、

オレンジとラベンダーが含まれていました。

うっかり買うところです(><)!

バスルームはねねも使う場所なので、これからは成分表記を良く見ないといけませんね。

最近はアロマブームで、色んな物に精油が使用されています。

食器洗剤にも、オレンジオイルなどが入っている場合があるので気をつけなくてはなりません。

でも、あまり神経質になり過ぎると疲れてしまいますから、

自分で境界線を決める事が大事なようにも思います。

とにかく私は、アロマオイルの使用は止める事に致しました。

香水は、、、

実は先日買ったブルガリのローズの香水。

香りがどうも(^ω^;)、やっぱり違うかなー。

それで今、ローズの香水を探しています。お店に成分をお聞きしたりしているところです。

安心で、素敵な香りが見つかったら、またご紹介しますね(^▽^)。

今日は、猫ブロ友さんがいて、本当に良かったと思う一日でありました☆。・


(* キャットフードに酸化防止剤として、
   ローズマリー抽出物が使用された物が多くありますが、
   ローズマリーには種類があり、無害な物が使用されているようです^^。)
    

Comments 4

There are no comments yet.
ママいっこ。  

香りがダメと言うことなんですね。
ローズマリーはドッグフードにもよく使われています。
ネコさんはワンコよりも香りに気を付けないと
いけないんですね(><)

2018/01/14 (Sun) 23:49 | EDIT | REPLY |   
なつ  
Re: ママいっこさんへ

そうなんですよー!
アロマが好きだったので、ビックリしました。
何もなかったのが不思議です(><)。
きっと濃度にもよるんでしょうねー。

2018/01/15 (Mon) 07:16 | EDIT | REPLY |   
ECO  

私もアロマが大好きだったんです。
エッセンシャルオイルのように濃度の高いものをず~っと嗅いでいると良くないのかもしれませんね。
自然の花の香りなら、神経質にならなくてもいいと思っているんです。ユリや、残念ながらジャスミンの花はダメなんですけどね。
そう、犬は平気らしいですよね。


2018/01/15 (Mon) 22:11 | EDIT | REPLY |   
なつ  
Re: ECOさんへ

コメントいただいて本当に良かったです。
アロマは癒されるんですけどね~。
何事もなくて良かったです!

2018/01/16 (Tue) 12:55 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply