mycatroom

ランチブッフェ

お誕生日の日に、

妹がランチブッフェをプレゼントしてくれました♪

20170812

シンプルなホテルですが、エントランスの階段が素敵。

201708122

お誕生日の日には、お互いにランチをご馳走しあうのが恒例です。

まずは1回目。

201708123


2回目~。

201708124


3回目~。

201708125

あ~もうお腹いっぱい(´▽`*)。

で、デザート~。

201708126

満腹です♪

はぁ~、また一つ年を取っちゃったわ~。へへへ。


実は今、妹に実家の売却をお願いしていて、

うちは両親が2人とも駄目になってしまったので、

両親の介護は私、実家の売却は妹と言うように、2人で手分けして頑張っています。

帰りにその話を父にしに、うちに来てくれました。


これは何だろうね~、ねねちゃん^^。

201708127

妹が、家族とお友達とで富士サファリパークへ行ったそうで(いいなぁ~)、

お土産をくれました。

201708128

可愛い^^。

これはねねのマスコットじゃなくて、ママのですよ~。

201708129

仕事部屋の、PCの脇にお座りしてもらっています。

そんな、お腹一杯の一日でした。


ポチして頂けると励みになります→    

スポンサーサイト

PageTop

夏野菜

ご近所に住む女の子が、

おばあちゃん家で採れた、お茄子を持ってきてくれました。

20170807

立派なお茄子です^^。

女の子は、初めて会ったのが小学校低学年の頃。

先代猫のおにぃちゃん、くぅと仲良しで、良く遊びに来ていました。

今父のいる和室で、でんぐり返しをしていたのを思い出します。

あれから何年?もう高校生になりました。

それは私もおばさんになるわけだわな。


お茄子と言えば、良くする簡単料理に、

生姜とひき肉を炒めて、そこにピーマンとお茄子を入れて、

味付けはポン酢だけというのがありますが、

最近ポン酢のCMで、そんな料理をしていたから、アリなのかなと思います。

201708072

さっぱりして美味しいですよ。


ねねちゃんはといえば、暑くても日光浴。

201708073

写真を撮っていたら、

猫パンチ、

201708074

もらいました。

パンチングの表情は、

201708075

ん~、なかなか。キリリと引き締まったお顔。

201708076

朝からパンチの利いたねねちゃんでした。

ポチして頂けると励みになります→    

PageTop

ローズシロップ

今日はしとしとと雨が降って、半袖が肌寒いくらい涼しい一日でした。

納品に都内へ行きましたが、電車の冷房が寒かったです。


ベランダでは8月も、バラが少しずつ咲いてくれています。

グリーン・アイスに、

20170802


ルージュ・ロワイヤルと、

201708022


ジャルダン・ドゥ・フランス。

201708023


バラと言えば、こちらは仕事帰りに、

時々生活の木に立ち寄って買う、ローズシロップ。

201708024


1CUPをお水で割って、かき混ぜるだけ。

201708025

バラの香りの甘い飲み物の出来上がり。

色はほんのりピンク色

201708026

バラの香りにとても癒されるので、思い出すと買いに行きます。

冷蔵庫で冷やしておいて、お風呂上がりに飲みました。

バラが好きなねねちゃんにもクンクン。

201708027

やっぱり好きな香りなのか、何度もクンクンしていたねねちゃんでした。


ポチして頂けると励みになります→    

PageTop

たまには仕事のお話

今日も暑いです。

ねねちゃんは、サンサンと輝く朝日の中、

20170729

今朝もうさちゃんのマスコットと日向ぼっこ。

暑いけど、毎朝欠かさず日光浴しています。

201707292


今日はめったにしない、私の仕事のお話を少し。


私の仕事は美術品の修復で、その90%が日本美術品です。

ですから毎日和紙を相手にお仕事をしています。


一昨日の事、とても有名な、ある作家の作品をお預かり致しました。

余り市場に出回らないので、私も扱ったのは10年前に一度。

お客様の持ち物なので、私が勝手に全体の写真を取ってお見せする事は出来ないのですが、

ほんの一部分ならと、

この目を見ただけで、日本美術にご興味のある方なら、

すぐに誰の作品かお分かりになるハズ。

201707293

あの映画にもなった、浮世絵師の作品です。

背景は雲母摺り(きらずり)と言って、下色の上に雲母の粉を摺ってあります。

201707294

キラキラとしてとても綺麗なのですが、水にとても弱く、すぐに流れてしまいます。

仕事をする時に、ブログのネタにしようなどとは考えませんから、

今からビフォー・アフターを撮っておけばよかったと思いました。

これはもう修復した後で、上部の色が剥がれ、和紙がむき出しになっていました。


修復というのは、私はセンスだと思っています。

100年200年、あるいはもっと時代の経っている作品に、摺り上がりの様な、

綺麗な色で修復するのはナンセンス。そこに必ず違和感が残ります。

その違和感をいかに残さず修復するかというのが、

修復家のセンスが問われるところだと思います。

褪せた色、時代色、そういったものを理解していないといけません。

それから修復しすぎてもいけません。あくまでもオリジナルが大事。

また、裏打ちも大切。

時代のある作品に、真っ白な和紙で裏を打つのもナンセンス。

そういう工房さんもあるようで、画商さんは苦笑い。

うちはそういうところを理解していますから、和紙屋さんに、色味の濃い和紙を取り置いてもらい、

201707295

必要な時に出してもらっています。

写真では良く撮れませんでしたが、とても自然な色合いの和紙です。


7月の時点で8月の仕事が埋まってしまい、9月も埋まりそうで、

私の夏休みは、一体どうなるのでしょうか~(´◇`;)。


ポチして頂けると励みになります→    

PageTop

リラックスタイムは一緒に

リラックスタイムのねねちゃん。

20170728

ぬいぐるみみたいだなー。

テレビを見るのはいつでも一緒。

お昼寝するのも、夜寝るのも一緒。

201707282

だからベッドは半分ずつ。

201707283

私の腕が赤いのは、自転車焼けです(笑)。

ポチして頂けると励みになります→    

PageTop